韓国の今日 コロナ 初期症状 熱なしで下痢や胸痛、しゃっくり!?

韓国トレンド&ニュース,(新型コロナウィルス)
スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク

コロナ 初期症状は?

  韓国の大邱(テグ)で感染者の治療に
 当たっている医師の話によると
 「発熱と共に咳やのどの痛みなど
 呼吸器の症状が主流ではありますが
 そうでない場合もかなりあります」

 「感染者の内、
 下痢や腹痛、消化不良、胸(みぞおち)が苦しい」
 と訴える人が多かった」と言われていました

 またコロナウィルスの肺炎は
 肺の端や下側にできることが多く
 肺の内側は神経がありませんが
 肺の外を包んでいる薄い胸膜には
 神経が多いので痛みを感じるようです
 肺の端に炎症ができると
 張ったり刺すような痛みが出ることが
 あるということです
 また、しゃっくりがでる場合もあるといいます

 

肺の端にできた肺炎

 その上、よく言われる37,5度以上の発熱が出る人も
 感染者の中には3分の1もいないとも
 言われていました
 また、何の症状もなかったのに
 検査したら肺炎が進行していたなど

 症状も様々で無症状な状態の感染者もいるし
 症状が進むと腎臓にも異常が現れる患者も
 いるといいます
 少しの異常でも検査を受けることが
 最善だと韓国の医師は話しておられました

スポンサーリンク

WHO 遂にパンデミック(世界的大流行)を宣言

WHO=世界保健機関のテドロス事務局長は
「新型コロナウイルスはパンデミックと言える」と
言われました

そして各国に対して
・感染のリスクと予防方法を広く周知すること
・感染者を発見して隔離し、治療するととともに
 接触した人を追跡すること
・医療体制を整え、医療従事者を感染から
 守ることなどを改めて呼びかけていました

スポンサーリンク

이지닥(EASY DOC)

こちらのアプリは問診表をあらかじめ
作成できるものです
新型コロナウィルスの
検査を受けるため選別診療所に行く前に
このアプリを開き
自分の症状を入力し問診表を作成し
近くの選別診療所に行き
それを見せれば診療時間を
短縮できる問診サービスアプリです

これは実際に韓国の選別診療所で
使われている問診票を基礎に
作成されたものです

これを作成したのは実際に韓国の
大邱(テグ)の選別診療所で勤務している医師と
医学専門大学院生、現職医師など
5人で開発したということです

こちらは外国語でも使用できます
(英語、中国語、日本語、ベトナム語)
海外で病院に行くときに
コロナではなく一般の問診票を作成し
それをその国の言葉に翻訳してくれるので
海外で病気になった時など便利です

それだけではなく薬局で薬を購入する場合に
薬剤師にそれを見せれば
自分が必要な薬が言葉が通じなくても
購入できますし
今、居る所の近くの病院や薬局も
検索することができます
もし、外国や韓国の旅行中に病気になったり
薬が必要になった時
これを使って医師や薬剤師に見せれば
言葉が通じなくても
治療をスムーズに受けるのを
助けてくれるアプリです

スポンサーリンク

タクシー運転手コロナ対策 マスクしてない乗客NO!

 韓国の釜山(プサン)で3月末まで
 マスクをしていない客は
 乗車拒否できるようになりました

 プサン市では新型コロナウィルスが
 地域に拡散するのを防ぐため
 3月末まで一時的にタクシーの運転手が
 マスクをしていない乗客を
 拒否することを許可しました

ですからこの期間の間はプサンで
タクシーに乗るときはマスク着用は必須です

コメント

タイトルとURLをコピーしました