韓国の今日 新型コロナウィルスのQ&A、WHO事務局長解任?! 

未分類
スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク

全世界で現実化してきたパンデミック

遂に、世界中で流行している新型コロナウィルス
ヨーロッパ、アメリカそして
比較的安全地帯と言われていた南米やアフリカにも
感染者が出ています

中国で感染が始まったコロナウィルスですが
3月12日の基準で
世界110か国で12万人以上の感染
4,300人の死亡が確認されています

パンデミックの歴史は
14世紀には黒死病(ペスト)
1918年から1919年にかけてスペインかぜが
1969年の香港インフルエンザと
2009年の新型インフルエンザ

その中で今、イタリアが一番感染者の人数
そして死亡者の数が急速に増えている国で
12日の基準では
1日で2300人に増え、合計2462人
そしてフランス、スペイン、ドイツも
急速度に増えています

その為、アメリカでは1か月間
イギリスを除いたヨーロッパのすべての国の
入国禁止を命じています

韓国も今までの特別入国措置国の対象国に
フランス、ドイツ、イギリス、オランダなど
ヨーロッパの5か国を追加しました

パンデミック宣言によって
国内の感染予防対策はもちろん
外国からの流入を防ぐことも
行う必要がでてきました

そんな中、なぜかアメリカのトランプ大統領は
ヨーロッパの国は入国禁止措置をしたのに
韓国旅行制限は緩和したようです
韓国のコロナウィルスに対する
迅速で的確な検査が国際的にも
評価されているようですし
コロナウィルスが長期戦になるかもしれないとも
言われていますのでまだまだ
コロナウィルス対策に万全を
期していく必要があるようです

スポンサーリンク

WHO世界保健機関事務局長解任危機!?

テドロス・アダノム・ゲブレイェソス
長いお名前ですが
今まであまり聞いたことがなかったお名前です
しかし最近、毎日テレビに出てこられます
そうです
「パンデミック宣言」をされた
WHO世界保健機関事務局長です

この方は1965年にアフリカの
エリトリアという国の出身です
(エチオピアから1991年に独立した国です)

世界的に認められているマラリア研究家で
エチオピアで保健大臣を務めておられ
アフリカ出身の方では初めて
2017年にWHOの8代目の
事務局長に選出されました

そんなテドロス事務局長に対し
世界中で非難の声が高まっているというのです
国際請願サイト「チェンジ」に
事務局長の辞任を要求する請願が
13日の8時の時点で46万票となり
目標の50万票に達しようという勢いです

それは新型コロナウィルスが発生した初期段階から
声が挙がっていたようで
その理由は「中国」
中国の武漢で大流行と
なっているにもかかわらず
中国のコロナウィルス対策は
効果的に防げていると発言したり
非常事態宣言をするときも
中国で発生しているからではなく
他の国で発生しているからだとか

握手する テドロス事務長 と 習近平 主席

そして武漢で流行が始まった時
テドロス事務長が行った先は
武漢ではなく中国の習近平
(しゅう きんぺい)主席がいる北京
そして主席のリーダーシップが素晴らしいとか
あなたの役割が決定的だとか言い
賞賛したと言います

このような背景には中国がWHOに
10年間、10兆ウォン以上を
投資すると約束したことにあると
推測されています

その為、テドロス事務局長の背後で
中国が動いており
それはWHO全体の信頼を失くすのではと
言われているようです
国際保健機関に政治が関与してきては
危ないのではないかと危惧されています

スポンサーリンク

新型コロナウィルスQ&A

韓国の医師が教えてくださる
新型コロナウィルスQ&Aをご紹介します

スポンサーリンク

妊婦がコロナウィルスに感染したら?

まだ韓国でも妊婦さんの感染が
多く確認されていませんが
感染し出産した妊婦さんから
産まれた赤ちゃんは感染していなかった
ということです

そして中国でも妊婦さん9人が
健康な赤ちゃんを出産し
赤ちゃんへの感染は
確認されなかったということで
今のところ胎盤を通しての
感染はないということです

そして妊婦さんが感染しても
使える薬はあるので
十分は症状に対する治療は
可能だということです

スポンサーリンク

もし感染者の行った場所に自分も行っていたら感染するか

可能性はあるということですが
すれ違うだけでは感染しません
感染者と自分がどれほどの時間
一緒にいたのか
距離は2メートル以上あいていたか
マスクはしていたか
交通手段を使ったあと
手洗いはしたかを考えれば
自分が感染の危険性が高いかどうか
判断できるということです

スポンサーリンク

新型コロナウィルスとインフルエンザの違い

インフルエンザの症状と同じような
のどの痛み、肺炎など
インフルエンザはそのような症状が
突然現れますが
コロナの場合、症状がない人もいれば
ひどい肺炎など短い間で
多様な症状が現れる場合があるということです

スポンサーリンク

世界的コロナウィルスはもっと広がっていくか

 今が始まりである
 これからは他の国からの
 流入を警戒する段階になってきていると
 言われていました

スポンサーリンク

新型コロナウィルスと戦っている隠れた英雄たち

韓国は多くの新型コロナウィルスの感染者を
隔離し治療しています
その最前線で活躍している隠れた英雄を
ご紹介します

スポンサーリンク

保健所の感染病予防チームのチーム員さんたち

この方たちは各地の保健所にいて
コロナの検査後、感染者の動向や
いつから症状が現れたか
その人がどんな経路で感染したかを
電話で聞きその事実を
住民にメッセージで伝える仕事を
しているということです

私の電話にも地域で感染者が発生すると
その感染者がどこに行き
いつから症状が出て、今はどこの病院に
入院しているかまで
すぐにメッセージが来ます
それをこの方たちが
してくださっているようです

CCTVの確認やクレジットカードの確認など
その方が本当にそこに来たのか
しっかり確認しているため徹夜の日も
多くあるということです

この方が言うには
もっと感染者に対して社会的に
広い心で見つめてほしいと言うことでした
私も感染者が「感染したということで
冷たい視線や自分が罪人のような
感じがする」ということを
聞いたことがあります

スポンサーリンク

軍人

今、韓国の軍人の方たちは
本当に忙しいです
全ての分野に動員されているといっても
過言ではないようです
町の消毒や医療支援
人手不足のマスク工場で
マスクを包装する作業まで
手伝っています
その一人の軍人の方は
休みを返上して仕事している事に対し
「国民の皆さんの命を守ることは
軍人が行う当然の任務です
国民の皆さんの不安感がなくなるように
努力していきます」と言っていました

スポンサーリンク

町の医師

病院の診察が終わると
その医師は保健所に向かい
コロナウィルス検査を手伝っています
医師は「全国から多くの医療従事者が
大邱に奉仕に来てくれています
それに比べると私は保健所の近くに
病院がありますし
診療終了後、手伝っているだけなので
大変ではないです」と言っていました

「感染の恐怖がないとはいえませんが
誰かがやらなくてはいけないことですし
私のような医師が多く奉仕活動をしたら
不安を抱える市民が安心しますし
うちの子供たちも診察室にいるお父さんより
選別診療所で働いているお父さんの方が
医者らしいと言ってくれて
それがうれしくてやっています」と
言われていました
韓国では多くの医療事業者が大邱(テグ)や
人手が足りないところに奉仕活動で
医療活動を行っています
感染者の数も日に日に少なくなってきており
だんだん良い方に少しずつ向かってきているようです

コメント

タイトルとURLをコピーしました