チョコレート4話 あらすじ

チョコレート
スポンサーリンク

チャヨンはミンソンのお葬式に出席した後
ミンソンの婚約者から手紙を渡された
それはミンソンがチャヨンに
書いた最後の手紙だった

「マンドウチョンゴル ごちそうさま
やっぱりチャヨンの作る料理は違うな
すぐわかったよ
お前がギリシャに行ったのは
ガンのためだろ
お前がいつも言ってた幼い頃の
ピーターパンってガンのことだろ
偶然、お前の財布にあった写真見てわかったんだ
俺たち二人はぼやけて写ってるのに
ガンははっきり写ってたあの写真
今日、ガンと釣りに
行くことになってるんだけど
その時ガンに会ったら言うよ

チャヨンがガンを長い間ずっと
忘れられず待っていたって
実はそれを何度かガンに言おうとしたんだけど
俺の心がせまくて機会を失ってた
ごめん
俺のせいで捕まえれなかったガンを
今度こそ絶対捕まえろよ
これ以上時間が流れていかないうちにさ
自分を騙して生きるには
人生というのは長くはなかったよ
俺が生きてみたら
もう一度ありがとう
ムン・チャヨンが作ったマンドゥチョンゴルは

俺の人生の中で最高の料理だった
ガンのことよろしく頼むよ」とあった
それを読みながらチャヨンは泣いた

その後、チャヨンは
釣り場に行ったガンに会いに行き
「私がマンドゥチョンゴル作りました
ミンソンさん それを本当においしく
食べて逝かれました」と言い
そのあと、号泣した

その後、ガンはチャヨンを送った
その時「ギリシャに帰るんですか」と聞いた
チャヨンが「はい」と返事をすると
ガンは「気をつけて帰ってください
それから私達
二度と会わないようにしましょう」と言い
チャヨンはガンを少し見て
「はい」と返事をした

その後、二人は事故に遭った
先に意識を取り戻したガンは
チャヨンを連れて近くの病院に向かった

そして自ら負傷を負いながら
チャヨンの手術を行った

その時、チャヨンはデパートの崩壊事故で
閉じ込められた時を思い出していた
意識が薄れそうになった時
隣りで同じく建物内に閉じ込められた女性が
チャヨンにチョコレートを渡してくれた

女性はチャヨンの名前を聞き
自らの名前を名乗った「チョン・スヒ」と
女性はガンの母スヒだった
スヒはチャヨンに「おばさんの子供がね
チョコレートが好きなの
だからチョコレートを買ってあげたんだけど
渡せなくなっちゃった
だからそれ食べて絶対生きて
ここから出ていきなさいね チャヨン」と言った
そしてスヒは亡くなった

チャヨンの手術は無事成功したが
手術室を出たガンはそのまま倒れた
そこに連絡を受け、駆けつけたジュンが
様々な思いを抱きながらも
ガンを手術した

そして1年後、チャヨンは
自分の担当医となったジュンに
あまりにも問題ばかり起こす弟テヒョンと
もう関わりたくないと
事故の後遺症で記憶喪失に
なったと言ってほしいと言った
しかしジュンはそれに対し何もいわないので
チャヨンが諦めて帰ろうとすると
ジュンは「なぜ今まで一度も
イ・ガン先生のことを尋ねないんですか
あの事故の時、一緒にいたようだし
先生も怪我していたのに
あなたのために手術をしてくれたっていうのに
もしかしてイ先生も弟さんと同じく

死ぬまで関わりたくない人なのですか」と聞いた
それを聞いたチャヨンは何も言えなかった

その日はガンも事故後
初出勤の日だった
しかし、チャヨンは
ガンの部屋の前までは行ったが
入ることはできなかった
チャヨンは「早く訪ねて行き
お礼の挨拶をしたかったのですが
勇気が出ませんでした
あなたに対する私の思いが
まだ終わっていないので・・・
だからあなたに接しないように
また一生懸命逃げようとしています
私は一ヶ月後にはギリシャに帰ります

時間が経ってあなたに対する私の思いが
終わりになった頃に
なにもなかった顔で帰り
あなたにお礼を言いたいと思います
それまで元気で幸せでいてください」と
心の中でガンに伝えた

その夜、チャヨンはずっと
お世話になっていたソンエの食堂に
子どもたちが来てバナナで作ったお餅を
もう一度作ってほしいと言ってきたのを聞いた
しかし、ソンエは自分が
作ったことを忘れてしまったので
代わりにバナナパンを作ってあげると言った

その時、ソンエはチャヨンに
「私がバナナで餅を作ったなんて話
お前も初めて聞いただろう?」と言った
するとチャヨンは泣きそうになりながら
「おばさんが作ってくれたじゃない
私の体調が悪かった時」と答えた

同じ頃、病院ではガンが事故後
初めて手術を執刀していたが
手が震えるため
手術を続けることができなくなっていた
代わりにジュンが手術を執刀した

その頃、チャヨンは同じ病院内で
自分が作ったバナナの餅を食べて
運ばれてきた男の子の祖母に
文句を言われ叩かれていた
その祖母は「この子が死んだらあんたのせいだ」と
チャヨンに言った
そこにガンが来て祖母を止めた
「人が叩かれているのに
何もしないとはどういうことなんですか!
大丈夫ですか?」とチャヨンに言った
その声を聞いたチャヨンはとっさに顔を隠した

その後、手術ができなくなったガンは
ホスピス病院に人事異動させられることになった

その頃、チャヨンはホスピスで
バナナ餅を作っていた
そしてあの時の男の子にも食べさせてあげた
あの時、男の子はバナナ餅のせいで
体調が悪くなったのではなかったのだった

その後、チャヨンはホスピスの子どもたちと
かくれんぼをした
チャヨンもある部屋のロッカーに隠れた

そのまま疲れたチャヨンは
ロッカーの中で眠ってしまった
すると夜に
病院内で工事が行われた
その音を聞いてチャヨンは
デパートの崩壊事故で自分が
閉じ込められたことを思い出し
パニック状態となった

そこにホスピス病院に
人事移動してきたガンが来た
チャヨンはとっさにガンに抱きつき
「助けてください 
そこにまだ人がいるんです」と言い
そのまま意識を失ってしまった

[MV] 카더가든(Car, the garden) – 나무 (초콜릿 OST Ver) Chocolate OST Part 2
「チョコレート」OST Part 2
카더가든(Car, the garden) – 나무 (木)

コメント

タイトルとURLをコピーしました