「新米史官ク・ヘリョン」1話あらすじ

新米史官ク・ヘリョン
スポンサーリンク
「新米史官ク・ヘリョン」1話あらすじ
スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク

1話あらすじ続き

ヘリョンは幼い頃、清国で育った
その為、多くの発展した文化に触れてきたため
故国朝鮮での昔からの伝統にはまった
堅苦しい世の中で生きていくのが嫌だった

親代わりである兄の勧めで通っている新婦授業
幼い少女たちの中で26歳のヘリョン
一緒に授業を受けるのも嫌だったし退屈で仕方なかった
そして何よりも女性の存在位置があまりにも自由がなく
言いたいこともろくに言うことのできない現状に
非常に不満を感じていた

自分は一体何のために婚姻しなければならないのか
婚姻することによって今の自由な生活ができなくなる
と思うと
それが嫌でその夜、兄チェギョンとお酒を飲みながら
私は新婦授業を受けたくありません
婚姻もしたくありません
このまま「オールドミス」ク・ヘリョンとして
生きていきます
」と言った
そんなヘリョンを心配する妹思いの兄チェギョンだった

そんなある日、ヘリョンは壊れた時計を修理してもらった帰り
その時計を盗まれそうになった
盗もうとしたのは少年だった
ヘリョンはそれを取り返したが、少年がその時
「僕には親なんかいない」と言ったことが気になり
彼について行ってみた

そこでヘリョンは少年がある家に入ろうとするところを見ていた
そこにいた荒々しい男たちが「金は持ってきたのか!」と怒鳴った
少年が持ってこれなかったことを知った男たちは
少年を殴りつけ家に無理やり連れて行った

それを見たヘリョンは少年が心配になり
その家に無理やり入って行った
ヘリョンは何もわからずその家の主人に
「どういう事情かはわかりませんけど
子供に対してどうしてそのように対するのですか!
この子は私が連れて行って
家に帰してあげます」と力強く言った

すると主人の男は「こいつの親が私にこいつを売ったんです
だからこいつは私の物であり私の奴婢です
要らないことを言わないで帰ってください」と
ヘリョンを追い出そうとした

その時、少年はヘリョンの腕を
「助けてください」と言わんばかりに掴んだ

しかし、ヘリョンはどうすることもできず
男たちに連れて行かれ、泣きそうになっている少年の顔を
見ながら心痛めた

その頃、宮ではイ・リムが新しい小説を書き
その日が出版日だったので宮から出て
自分の書いた小説を人々が読んで
どのような反応を示すのか見たいと思い
2年ぶりに宮の外に出てみた
すると多くの女性たちがそれを読んで喜んでいるのを見て
イ・リムも思いっきりうれしくなった

その時、イ・リムは貸本屋に入ってみた
そこにも多くの女性たちがイ・リムの新作を読んでいた
その中にヘリョンもいた
自分の小説を読んでいるヘリョンを見つけ
興味を持ったイ・リム

その時、ヘリョンが大きなあくびをした
そしてそれを見ていたイ・リムに
「あまりにもこの本がつまらなくて
眠ってしまいそうになりました」
と言った

それを聞いたイ・リムはガ~ンとなり
「なっなぜなんだ!?何が悪いんだ」と思い
それをヘリョンに聞いてみた
ヘリョンは「なぜ「メファ」の作品を好きになれないのか
それはあまりにも多くて表現できません」
と言った
その上「この本を作るための紙がもったいない
良心があるなら
絶筆したほうがいいと思います」
とまで言った
それを聞いたイ・リムはショックを受け
言葉を失った

その後、貸本屋の主人キム店長はチンピラの親分から
「メファ」に直接会わせてほしいと脅迫された
しかし、キム店長はそれは難しいと言い
ある提案をした

それは 冊婢として働くヘリョンに
1日だけ「メファ」となりすましてもらい
本を直接読み、
その後サイン会も行うようにすることだった
それを聞いたヘリョンはもちろん断ったが

チンピラの親分がヘリョンが
「メファ」になりすましてくれたら
その家の奴婢となっている少年を
解放してあげると言われたので
仕方なくその提案を受けることにした

そしてサイン会の日となった
そこには多くの「メファ」ファンが集まり
ヘリョンが読む「メファ」の作品に聞き入った
その後、サイン会が行われヘリョンは仕方なく
ファンたちに偽のサインをしてあげた

その時、それを聞いたイ・リムが現れ
偽「メファ」ヘリョンに作品のことを聞いてきた
困ったヘリョンだったが何とか答えた
しかしイ・リムが自分の名前はメファだと名乗ったので
それを聞いて驚くヘリョン

そしてイ・リムも「メファ」になりすましているのが
ヘリョンだとわかり二人はお互いに驚きまくった!

スポンサーリンク

1話の感想

全ての画像はドラマ「新米史官ク・ヘリョン」よりキャプチャー

1、シン・セギョンさん&チャ・ウヌさん(ASTRO 6人組ボーイズグループ
                   すいません 私は今回初めて知りました)

  このお二人の最強素敵キラキラビジュアルに感動!
  なんだか本当に少女漫画から出てきたみたいだな思いました~

2、話の展開がすごくわかりやすかったです

3、王子様が超売れっ子の恋愛小説家であるという
  新鮮な設定がおもしろかったです

というのが今回私がこのドラマの1話を見た感想です
 (ものすごく簡単にまとめてしまいました
  いろいろ長く書くと読むのが大変ではないかと思いまして)

というわけで2話もお楽しみに

ご視聴読ありがとうございました~
なおこでした~

コメント

タイトルとURLをコピーしました