99億の女 3話あらすじ

韓国ドラマ
スポンサーリンク

ジェフンはソヨンと連絡が取れないので
直接大金を隠した井戸に見に行った
するとそこに隠した大金は無くなっていた

焦ったジェフンは次の日
すぐにソヨンの家を訪ねた
ソヨンは自分が安全な場所に保管したと言った
ジェフンはすぐに会社のことで
金が必要となったので
すぐに二人で分けようと言った
しかし、ソヨンは慎重に動かさないといけない
自分を信じられないのなら
お金を全て燃やして
なかったことにしようと言った
しかし、ジェフンは必ず今、必要だったので
5億だけほしいと言った
しかしソヨンは「あのお金が安全な形で
私達のものになるまでは
一枚でも使ってはいけない」と言った

その頃、ジェフンはヒジュに
5億、貸してほしいと言った
ヒジュはその5億を今
浮気中の女に使ったのだと思い
ジェフンをビンタし
自分で解決するようにと冷たく言った

その後、すぐにテウが警察を装い
事故の現場に一番近い別荘に
事故当日、泊まっていたジェフンに
事故の事で何か
知っていることはないか聞きに行った
もちろんジェフンは知らないと言ったが
ジェフンの足がずっと
震えているのを見たテウは
ジェフンが何か知っていることを直感した

大金はソヨンが掃除のパートをしている
写真家の家にあった
(写真家は今、海外出張中)
ソヨンはそこで手袋をつけ
指紋がつかないようにし
お金をいくらあるか数えた
99億だった

その後、ジェフンはソヨンに電話し
警察が来て事故のことを聞いていった
早くお金を安全な場所に
移動しないくてはいけないと言った
そして写真家の家に向かったジェフン
そんなジェフンをテウがつけていた

そこに海外出張から帰ってきた写真家が
予定外でその時、家に帰ってきた
写真家は全て目撃し
警察に連絡しようとした
それを止めようとしたジェフンと写真家が
言い争いとなりジェフンが写真家を
突き飛ばしてしまい
そのまま写真家は倒れた

その後、ジェフンは99億を
自分だけがわかる倉庫に入れた
しかしそれをテウが見ていた

その夜、インピョはジェフンとの
会社の取引がうまくいかないと
ソヨンにコップを投げつけ脅した
そして理事であるヒジュに言い
何とか取引がうまくいくように
してほしいと言った

その夜、テウは刑事時代の同僚
パク・ジュンペから助けられた
しかし、テウはジュンペの助けを
ありがたいと思わなかった
ジュンペは賄賂を受け取り
不正を働いていた刑事だった

次の日、ソヨンはヒジュに会い
インピョとの取引に対し
あまり神経を注がなくてもいい
あとのことは夫インピョが
責任持つだろうと言った
ソヨンの冷たい反応にヒジュは驚いた

その時、ヒジュは父ユン・ホソンからの
電話を受け取り
ジェフンが5億を準備したと聞いた
それを聞いたソヨンはジェフンが
99億から5億を
引き抜いたのではないかと疑った

その後、ジェフンを訪ねたソヨンは
ジェフンが99億を自分だけで
所有しようとしていることを悟った
しかし、ソヨンは「私が始めたことよ
成功も破滅も 私が選ぶわ」と言った
その後、車の中で何か考え事をしていたソヨンの前に
テウが刑事だと言い現れた
テウは事故当日、ジェフンとソヨンが
99億を持ち出したこと
そしてあの日、事故現場にいたことを聞いてきた

コメント

タイトルとURLをコピーしました