揀択~女人たちの戦争~16話あらすじ

揀択-女人たちの戦争
スポンサーリンク

ギョンはウンボのもとに駆け付けた
するとジェファがウンボに刀を突きつけ
「お前の女人を助けたければ
道を開け」と言った
それを聞いたウンボは
「殿下、聞かないでください
私は大丈夫ですから
迷わないでください」と言ったが
ギョンはウンボを思い、仕方なく
「道を開けろ」と言った

その後、ジェファは後を追って来た
ギョンの役人を始末し
ホン・ギホも殺した

その後、ジェファたちはウンボを人質に
ギョンを一人で呼び出す作戦を企てた

その頃、ソンイはウンボが逃げるのを
手伝った宮女を拷問していた
しかし、それをギョンに見つかってしまい
ウンボを拉致したことを自白した
ソンイは謀反を助けたのではなく
ウンボが自分の家門を汚したので
怖がらせただけだと言ったが
ギョンはソンイの部屋に
謀反の証拠物があるか調べ
ソンイを幽閉するようにと命じた

ジェファはウンボに
「あなたを助けに来た王を
殺すつもりです
あなたの目の前で その前に
あなたに機会を与えようと思います
私のものになってください
そうしたらあなたも助かるし
ワルも助かります」と言った
それを聞いたウンボは
「そんなことはできません
そんな不当なことは
天が許さないからです
そしてどんなことがあろうとも
私はあなたのものにはならないでしょう
私はもう殿下のものだからです」と言い
それを聞き、怒ったジェファは
「それならば私はあなたの命だけでも
私のものにしてみせます」と言い放った

そしてジェファはギョンに
ウンボを人質にし
一人で記した場所に来いと
書信を送った
そしてホン・ギホが
殺されたことを知ったギョンは
ギホが反乱軍の本拠地がどこにあるか
知っているから口を塞ぐため
殺したのだと察し
その本拠地がどこにあるのか
探さないといけないと言った

その頃、ウンボとワルは何とか
ここから出る方法を考え
まずギョンからもらった銀の懐刀で
縄を切り
ご飯を持ってきた召使を脅迫し
ウンボがその召使の服を着て外に出て
一気に走り逃げた
それを知ったジェファは
すぐに追いかけた

その頃、ギョンは巫女に頼み
もう一度、予知夢を見れるようにさせた
するとジェファたちがウンボを
殺そうとしているところを予知した
そしてギョンは反乱軍の本拠地が
どこであるか予測し
そこに軍と共に向かった

しかし、ウンボはジェファたちに
捕まってしまった

そして次の日、約束の時間となり
ギョンはジェファの待つ場所に向かった
ギョンは「私が来たから
その女人を離してやれ」と言い
ジェファは「ここがお前の
墓場になるだろう」と言い
二人は一対一の勝負をした

その結果、腕を怪我していたジェファは
ギョンに負けた
「お前は私を殺し王となり
新しい世を作ると言ったが
それは違う
お前は新しい世を作りたかったのではなく
ただ王になりたい名分が
ほしかっただけだ」と言った
その時、護衛武士たちが駆け付け
ジェファを捕まえた

ジェファはウンボの前で自ら命を絶った
それを見て衝撃を受けたウンボを
優しく抱きしめるギョンだった

その後、ギョンは予知夢の為に
無理をしたのでまた倒れてしまった
それを見たウンボは巫女に助けを求めたが
何もすることはないと言われ
二人が一緒にいるとどちらかが
危険な目に遭うと言われ
ウンボはギョンの回復を祈りながら
自ら宮を出た

1年後、ギョンはウンボを探したが
見つからなかった
大臣たちはギョンの跡継ぎを心配し
新しい王妃を迎えることを勧めた
大王王妃にも揀択を勧められたが
ギョンはウンボを見つけ出すまでは
婚姻はしないと言った

その頃、ウンボはギョンの子供を産み
母と一緒に住んでいた
母は赤ちゃんも無事に産まれ
殿下の体も回復したようだし
殿下に会ってもいいのではないかと言ったが
ウンボは首を振った

その後、ワルもウンボを見つけ
ギョンが探していると説得したが
ウンボは行かないと言った
しかし、ワルはウンボがギョンとの子供を
産んだことを知り、すぐにギョンに伝えた

それを聞いたギョンはすぐにウンボを訪ね
強く抱きしめた
ウンボは「離してください
私が殿下のお側にいると
殿下が危険な目に
遭ってしまいます」と言うと
ギョンは「そんなことは関係ない
もうそなたを絶対に離さない
私はそなたなしには
生きていけないのだから
一緒にいよう
そして一緒に乗り越えて行こう
それが辛い事だろうが
喜びだろうが 私たち一緒に・・・
会いたかった ウンボ」と言った

その時、ウンボの母が
赤ちゃんを連れて来て
「殿下、男の子です」と言い
ウンボが「私たちの子供です」と言った
ギョンは赤ちゃんを見て
本当に喜んだ
そして二人は赤ちゃんと
共に幸せに暮らしたのだった

これで「揀択~女人たちの戦争~」は終わりです
このドラマの制作スタッフの皆様や
俳優さんたちに感謝です
ギョンとウンボが最後、幸せに終わって
本当によかったです
最近は、韓国も時代劇が
あまり放送されないので寂しいですが
また歴史物のドラマがありましたら
ご紹介していきます
今まで、読んでくださり
ありがとうございました

コメント

タイトルとURLをコピーしました