天気が良ければ訪ねて行きます 1話 あらすじ

韓国ドラマ
スポンサーリンク

静かな田舎の村プクヒョンリで
古くなった家を改造し
書店「グッドナイト」を営む
イム・ウンソプ(ソ・ガンジュン)は
いつものようにコーヒーを淹れ、飲んでいた
外は少し風が吹いていて木の葉が揺れていた
その後、外に出かけたウンソプ

その時、誰もいない「グッドナイト」に
ウンソプの同級生でソウルから来た
モク・ヘウォン(パク・ミニョン)が来た
そんなへウォンを遠くからウンソプが見ていた

その後、へウォンは叔母シム・ミョンヨが
経営する古いペンション「ホドゥハウス」に行った
ミョンヨは「いつまで休暇なの」と聞いたが
へウォンは「私、当分ソウルには
行くつもりない」と言った
ミョンヨは「音楽院は?」と聞いた
するとへウォンは「私って誰かを
教える資格ないみたい」と言った
ミョンヨは「教える資格が
別にあるわけないじゃないよ
資格があるから何かする人はいないよ
みんな、ただやるだけ
お金を稼ぐために」と言った
それを聞いたへウォンは
「そんなら私はもっとできなそう」と言い
ミョンヨは「でも仕事はそんな簡単に
辞めるもんじゃないよ
私だって何でもいいから
生きてるわけじゃないし」と言った

へウォンはソウルで
音楽院のチェロ講師をしていた
そこで教えていたある女子高生が
他の女子高生をいじめていたのを知り注意した
それによっていじめた女子高生の母親が
音楽院に来て文句を言い
へウォンを叩いた
そんなこともあってへウォンは一端
ソウルを離れた
夜、ペンションから出て
外を歩いていたへウォンは
自転車に乗っていたウンソプに会った
へウォンは「久しぶり 
あのさ~あそこにあるマシュマロみたいなもの
なんて言うのかわかる?」と牧草をまとめ
梱包した物を指し聞いた
ウンソプは「梱包、サイレージとも
言うけど」と答えた
それを聞いたへウォンは
「そうだった その名前だった」と言った

その次の日、ペンションに来たウンソプ
「今回はどれくらいここにいるんだ?」と聞いた
するとへウォンが
「私、今回は春までいようと思ってる」」と言った
それを聞いたウンソプは
何ともいえない驚いた表情になった

その後、書店「グッドナイト」で
いつものようにコーヒーを淹れていたウンソプは
10歳年下の妹イム・フィが
「その日、アイリンが尋ねた
『あのマシュマロみたいなものなんて言うの』」と
ウンソプが書いたものを読んだ
それを聞いたウンソプはすぐに
「お前!俺のもの勝手に
見るなって言っただろ」と言って
そのノートを奪い返した
フィは「お兄ちゃん アイリンが誰なの?」と
笑いながらウンソプに聞いた

その後、へウォンは古くなったペンションを
少しでもよく見せるため
修理できるところは修理し
外壁のペイントも塗り替えた
しかしその夜、雨が降った
外に出て自分が塗った所を
見に行ったヘウォンだったが
家の中に入ろうとすると
ドアのノブが取れ
中に入れなくなってしまった

その為、電気が着いていた近くにある
ウンソプの店に行った
店に入ったヘウォンは
「あんたが本当に書店を
やってるとは思わなかった
ここが書店だということもわからなかった
書店の名前がなんで
『グッドナイト』なの?」と聞いた
ウンソプは「普通に食べて寝ることって
思ったより難しいだろ
みんな、そういう基本的なことも
できなくてつらい時もある
だから、どうかよく食べて
よく眠れるようにっていう
思いを込めてつけたんだ」と笑って言った
それを聞いたヘウォンは
「よく食べてよく寝るか・・・
人生ってそれだけなのような」とつぶやいた
ウンソプは「じゃ、他に何があるんだ?」と言った
その時、雨が止んでいたので
ヘウォンは「ごちそうさま」と言って
外に出ようとした
するとウンソプは「これ」と言って
コートを渡した

その時、ヘウォンは高校時代ウンソプが
ノートに書いていたものを偶然
読んだ時のことを思い出した
そこには「よく眠ることはいいことだから
起きて、食べて、仕事して
休んでそしてよく寝れたら
それは本当にいい人生だから
だから、みんな グッドナイト」とあった

次の日、ウンソプは妹のフィが
両親の前で「お兄ちゃん 
彼女ができたみたい
名前はアイリン」と言ったので
外国人の彼女ができたのではと
誤解を受けた
否定したウンソプだったが
母ユン・ヨジョンが
午後、買い物に行こうと言うと
ウンソプは動揺した
車はヘウォンに貸していたからだった
それを聞いた家族は彼女に車を
貸しているのだと思い
ウンソプはますます誤解された

ヘウォンはその日、ペンションの
倉庫の掃除をした
その後、少し休んでいた時
ソウルで音楽院のチェロ講師をしていた時
院長に他の音楽院に行き
生徒のふりをして他の音楽院の様子を
見てきてほしいと言われた
それがスパイ行為のようで
ヘウォンは断りたかったが
仕方なく行った
しかし、それを見つかってしまい
院長からこっぴどく叱られ
ヘウォンの学生に対する指導方法などが
不十分だと指摘された
その為、だんだん自信を
失っていったヘウォンだった

その日、叔母ミョンヨがペンションを
営業停止にしていたことを知り
少し言い争いになった
そこで心が傷ついたヘウォンは
ペンションを出たが、
どこにも行く所がなかった
そこでウンソプの書店に行った
そこにフィが来て
「アイリンが誰なのよ
もしかしてそのお姉さん?」と
ヘウォンを見て言った
その時、ヘウォンはウンソプの車の中に
「グッドナイト アイリン」と刻まれた
キーホルダーを見たのを思い出した

アイリン・・・それはヘウォンのことだった
高校時代、ヘウォンはウンソプに
「あそこにあるマシュマロみたいなもの
なんて言うの わかる?」と聞いていた
ウンソプは「梱包、サイレージとも
言うけど」と答えた

ウンソプは元気のないヘウォンを見て
何と言っていいかわからなかった
自分自身そんな自分が嫌だった
泣いていたようだったヘウォンを
慰労する方法を知らない
馬鹿な自分だと思った
だからフィにアイリンが
誰かと聞かれたとき
思わずフィに
「お前だ お前のことだ」
と嘘を言ってしまった

その夜、高校の同窓会が行われる日だった
ヘウォンは卒業後、初めて同窓会にでた
そこでウンソプは友人に
この中で好きな人がいたのかという
質問を受け「モク・ヘウォンだったけど」と正直に言い
皆を驚かせた

その後、家に帰ったウンソプは
自分が言ったことに対し、今更
恥ずかしくなり、動揺していた
その時、ヘウォンが来たので
ドアを開けることができなかった
そしてもう行ったのかと思い
ドアを開けるとまだ
ヘウォンがいたので驚いた

日本も韓国も
コロナウィルスで大変な状態ですが
皆が一つになって予防を心掛け
自分一人なら大丈夫だろうという思いを捨てて
自分が気を付けなければ
解決しないという責任意識を
一人一人が持って行動したら
必ず、この事態は終結すると思いますから
お互いに頑張っていきましょうね
読んでくださりありがとうございました

コメント

タイトルとURLをコピーしました