「ザ・キング:永遠の君主」5話 あらすじ

ザ・キング:永遠の君主
スポンサーリンク

ゴンと共に大韓帝国に来たテウルを見たヨンと
オクナムはテウルがゴンがずっと探していた
「チョン・テウル警官」だということがわかり
驚いた

その後、テウルはお茶を持ってきたスンアを見て
自分の後輩ナリにそっくりだったので
驚き、確認したが、もちろん違う人物だった

ヨンはゴンがこの前「並行世界に行って来た
首都はソウルで国名は大韓民国という」と
言った事を思い出し
テウルの指紋を取り
「もしかして並行世界から来たんですか
首都はソウルで国名は大韓民国という・・・
あんた 一体何者だ
殿下に何をしたんだ 殿下の背中の傷も
あんたの仕業か」と聞いた
テウルは「そんなことは知らない
それからため口使わないで
あんた、91年生まれのひつじ年でしょ
私が1年、姉さんなんだけど」と強気で言った
その時、ゴンがテウルに食事を持ってきたので
ヨンは仕方なく部屋を出た

その後、テウルはゴンの部屋から別の部屋に
案内された
テウルはオクナムに「なぜ ここの人たちは
私のことを知っているのですか」と聞いた
オクナムはゴンが幼い時から
テウルの身分証を持っていたからだと言い
「チョン・テウルという警察官はこの大韓帝国には
存在していませんでした
そんな存在していない人が突然現れたので
非常に驚きました
ただ、はっきりしていることは
説明できない存在はこの世に混乱だけを
起こすだけですし、
殿下には害を及ぼすことでしょう
ですからここにいる間はあまり人に
接触しないようにしてください
そしてこの世界に
留まらないようにしてください」と言った

その後、テウルの部屋にゴンが来た
そしてここには12台のCCTVがあると冗談を言い
テウルの肩にもたれかかった
するとテウルは「恋愛、
一度もしたことないでしょ?」と聞いた
ゴンはすぐにそれを否定し
「いや、したことあるけど」と強く言った
するとテウルは「それがいつなのか 
当ててみまようか」と言い
「今!」と言った

それを聞いたゴンは
「こうやったんだったかな」と言い
テウルにキスをした
そして「私が今、何を証明したのか
当ててみて 今まで恋愛をしたことがあることか
今、恋愛をしていることか」と言った

その次の日、テウルはヨンと共に
ゴンの警護員として
バスケットボール競技場に行き
ゴンのかっこいいゴールを決める姿を観たり
数学者大会でユーモアもあるゴンの
講演を聞いたりして
ゴンの皇帝としての姿を初めて見た

その後、テウルは自由時間をもらいプサンから
ソウルに行ってみることにした
そこで「大韓帝国」のゴンの
大きなポスターを見て驚いた

その後、ソウルに行ったテウルは
大韓民国で自分が働く警察署に行ってみた
そしてチーム長に会ったがテウルのことは
わからなかった
そしてシンジェもいなかった

そして自分の実家にも行ってみたが
そこに住む人はテウルの父も
母「アン・ボンヒ」も知らないと言った
その名前を言ったテウルの声は震えていた

その後、プサンに帰ろうとしたテウルだったが
お金が足りなくて電車にも乗れず
高速バスも終電バスが出た後だったので
仕方なく、皇室に電話してみたが
もちろん、テウルの話を
まともに聞いてはくれなかった
それを知ったヘリコプターに乗っていたゴンは
すぐにソウルに向かうように言った

ゴンはヨンにテウルを見守るように命令していたのだった
ゴンはテウルに「アン・ボンヒさんは
見つかったのか 君がここまで来て探している
その人は誰なんだ」と聞いた
テウルは「うちのお母さん」と言った
テウルの母はテウルが5歳の時に
亡くなったのだった

その時、総理ク・ソリョンが来た
ソリョンはゴンに
「思いがけない時間に思いがけない場所で
思いがけない人に出会いましたね 殿下」と
挨拶し、テウルを見て
「お会いできてうれしいです
大韓帝国、総理ク・ソリョンです」と
握手を求めてきた

[더 킹 : 영원의 군주 OST Part 5] 하성운 (HA SUNG WOON) – I Fall In Love MV
OST5 「 I Fall In Love 」 하성운 (HA SUNG WOONハ・ソンウン)

コメント

タイトルとURLをコピーしました