梨泰院(イテウォン)クラス1話 あらすじ

梨泰院(イテウォン)クラス
スポンサーリンク

15年前
ある高校で夜間学習に参加しなかったと
教師から水の入ったバケツを持たされている
男子学生がいた
彼は先生に「夜間学習は
自由だと聞きました」と言い
バケツの水を自分にかけた
彼の名前はパク・セロイ(パク・ソジュン)
セロイは毎日怒られながらも
一度も夜間学習に参加しなかった
そして高校3年間、友人は一人もいなかった
しかし、セロイは寂しそうでもなく
自分の思うまま我が道を進んでいた

その後、セロイは父の仕事上の都合で
他の高校に通うことになった
そんなある日
駅の階段でホームレスのおじさんが
「少しだけ助けてください」と
階段を下りる女子高生を手を掴み、言った
その女子高生はその手を払いのけたので
おじさんは階段から転げ落ちそうになった
それをちょうどセロイが見て
おじさんを助けた
その時、セロイは足を怪我してしまった
ケガした足を引きずりながらセロイは
その女子高生に
「人を押しておいてそのまま
通り過ぎて行くなんて
あのおじさんに謝れよ」と言った
するとその女子高生は
「掴まえられたから払いのけただけ
いいことしたから気分いい?」と言い
無視して行った
その後、セロイは足を怪我したのにも
かかわらず警察大学に入学するための
体力試験に一生懸命に挑んだ

セロイが一生懸命頑張ったので
体力試験に合格した
それを聞いたセロイの父で
飲食業界最大手「チャンガ」に
努めるパク・ソンヨルはセロイを連れて
ある養護施設(孤児院)に行った
そこは「チャンガ」がずっと食事などを
後援していたのだったが
会長の指示によって後援活動が
中止になったのだった
そこでセロイは駅で会った女学生に会った
彼女はこの養護施設で育った
オ・スア(クォン・ナラ)だった

スアはセロイがソンヨルの息子で
自分と同じ高校に通うことになったと聞き
「私も同じ高校だよ 何組?」と聞いた
しかし、セロイは無視した
スアは「ほんとに社会性がゼロだね
もしかしてあの時のことで
あんたがむかつく行動したことが気に食わないの」と言うと
セロイは「人を助けるのことが
なんでむかつくことなんだよ
俺の父さんがお前を助けるのと
何が違うって言うんだよ」と言った
するとそれを聞いたスアは怒って
行ってしまった

その後、転校したその日
セロイはスアと同じクラスになり
隣の席になった
その時、一人の金髪の男子学生が
他の学生に嫌がらせをしていた
それを見て止めに行こうとしたセロイを
スアが止めた
「あいつはあんたのお父さんが務める会社の
会長の息子だよ
あいつから嫌われて
おじさんにいいことないでしょ」と忠告した
するとセロイは「だから?
それが理由かよ」と言って行ってしまった

そしてセロイは「チャンガ」会長の息子である
チャン・グンウォンに「もうやめろよ」と言った
するとグンウォンは
「この学校のルール教えてやろうか」と言った
その時、先生が入ってきたが
セロイが「先生、これ見えませんか」と言ったが
何も言わなかった
そしてグンウォンは「この学校のルールは
この俺チャン・グンウォンが法だってことだ」と言った
それを聞いたセロイはグンウォンを殴りつけた

その後、それを聞いてグンウォンの父で
「チャンガ」の会長チャン・デヒと
セロイの父ソンヨルが学校に来た
ソンヨルは申し訳ありませんと謝り
それを見たセロイは非常に心が痛かった
退学させるという校長にデヒは
今までのソンヨルの会社での功績を思い
退学は免れた
しかし、セロイに自らの過ちを認め
ここでグンウォンに跪き謝罪しなさいと言った

それを聞いたセロイは
「間違ったことをしたなら
罰を受けないといけないと思います
僕も父からそれを学びました
それから僕の父は人というのは
所信を持って
生きて行かなくてはならないと
教えてくれました
同じクラスの友達が嫌がらせを受けていて
先生はそれを黙認しました
止めろと言っても止めなかったので
一発殴りました
どんなにくずでも先生の前でそのように
してしまったことは間違っていました
罰を受けなくてはいけないでしょう
でも、グンウォンに謝ることはできません
全然、申し訳ないとは思わないから」と言った
それを聞いたデヒは
「退学になったとしても
跪かないっていうんだな」と聞いた
セロイは「それが僕の所信であり
僕の父の教えであり
これからもそういう風に
生きて生きたいからです」と答えた

するとデヒは「疲れるな
こうなったら私も仕方ない
パク部長はどう思うのかね
なぜ何も言わないんだ」と言った
するとソンヨルは
「社会を生きていく方法を
知らない世間知らずです 
どうして私からこんな息子が
生まれてきたのか
かっこいいなあ
自分の所信のままに行動すると言ったし
責任も取ると言うのですから
私がここで何か
申し上げることはありません 会長
私も退社いたします」と言った
それを聞いたセロイは父を思い涙を流した

その後、ソンヨルはセロイを
居酒屋に連れて行った
セロイに酒を注ごうとするソンヨルに
「俺はまだ学生だろ」と言うセロイ
するとソンヨルは「もうお前は
学生じゃないだろ」と言い
酒の注ぎ方から飲み方まで教えた
何も言わずに暖かく自分を
受け止めてくれる父を見てセロイは
心から申し訳ない気持ちになり
「本当にすいませんでした」
と涙を流し謝った
するとソンヨルは「過ぎたことはみんな
いい思い出になるんだ
重要なことは所信をもって
生きろって教えたけど
お父さんはそういう風に生きれなかった
でも今日見たらお前は違った
お前はそういう風に生きてた
どれ位、誇らしい息子なんだ
これからもそういう風に生きていけよ
うちの息子よ」と言った
それを聞いたセロイはただただ
申し訳なくそしてうれしかった

その後、ソンヨルは夜コンビニで
バイトしているスアに会いに行った
スアはソンヨルが会社を
辞めさせられたことで心を痛めていた
スアはソンヨルが自分が大学に行くための
授業料を支援してくれたことを知り
もっと心を痛めた
するとソンヨルは
「大学に行って成功しろ
そうしたら後で何倍にして
返してくれたらいいから」と
笑いながら言った

そして受験の日
スアは試験場に向かう為
バスに乗ろうとして
財布を忘れたことに気づいた
財布の中には受験票も入っていたため
急いで取りに行き
走って大学に向かった
その時、運動していたセロイに会い
事情を聞いたセロイはスアと一緒に走った
そして無事に大学に着けたスアに
セロイは「オ・スア 試験頑張れよ
ファイト!」と応援した

その後、二人は少しずつ親しくなり
電話番号も交換した
その時、スアは
「これ、友達だから教えるんだからね
私のこと好きになっちゃだめだよ」と言った
「なんで好きになっちゃいけないんだよ?」と
聞くセロイにスアは
「あんたみたいな男は
女を苦労させるから」と言った
するとセロイは
「そんな先のことなんか
わかんないじゃん」と言い
「おまえは・・・十分素敵だし
とってもかわいいよ」と言った

その後、ソンヨルは退社後
小さな屋台を営んでいこうと
準備していた
そんな時、ソンヨルはオートバイに乗って
家に帰る途中
車に後ろからはねられ亡くなった

その後、お葬式の途中で警察が来て
車を運転していた加害者側が
示談を要求していると言われ
父の死を金で解決しようというのかと
セロイは倒れそうになった
その後、スアが警察から渡された資料を見ると
加害者の車がグンウォンのものだとわかった

それを知ったセロイは
病院にいたグンウォンを探し出し
驚くグンウォンに
「俺の父さんをどうして殺したんだ
どうして!」と叫んだ
するとグンウォンは「すまない 
許してくれ」と言った
それを聞いたセロイは
「もう遅いだろ
謝らないといけない人はもう死んだんだ
お前も死ね この野郎!」と言い
グンウォンを何度も殴りつけ
最後に石を持ってグンウォンに向け振り上げた

コメント

タイトルとURLをコピーしました