梨泰院(イテウォン)クラス8話 あらすじ

梨泰院(イテウォン)クラス
スポンサーリンク

セロイの店の新しい’オーナーが
デヒだと知ったイソは
グンスとスアを見て
「気に入らない人間を追い出すために
この建物、買い入れるなんて!
いや~スケールでかいね
私はこの女が図々しくここに
氷を借りに来れることも理解できないし
なんでチャン・グンスがここで
仕事してるのかってのも・・・」と言う

セロイが「やめろ!
それ以上言ったら怒るぞ」とイソを止めた

その後、セロイはデヒに呼ばれチャンガに行った
そこでデヒは
「土下座して謝罪しろ
そうしたら過ぎた過去のことは全て忘れて
これ以上、何も奪うことはないだろう」と言った
するとセロイは
「土下座一つできなくて退学させられた日
うちの父は私を誇らしい息子だと
言ってくれました
だたの退学、ただの建物
あなたは私から何一つ奪えなかった
私が思う強さは人から来ると思っています
その人たちからの信頼が私を強くさせます
私はもっと強くなります」と言い切った
するとデヒは
「最後の機会だったのに
君は後悔するだろう」と言うとセロイは
「私との悪縁を切りたいと言われてましたよ
それはあなたが罪の償いをして
土下座すればいいんです」と言った

その頃、グンスはイソから
自分の家とセロイの間に何があったのか
もう一度聞き、イソはそれを話した

その頃、チャンガではスアがデヒに
「今回の建物購入は会長らしくなかったです
今まで、10年間会長を見てきて
正しくないこともされたこともありましたが
全てはチャンガの利益の為でした
でも、今回のことはただ感情で
動いておられるようで・・・」と言ったが
デヒは怒りを抑えきれなくなったので
スアを外に出した

セロイはなぜか元気のないグンスを見て
どうしたのか聞いた
グンスは自分の家とセロイとの間に
何があったのか聞いたと言った
それを聞いたセロイは
「お前がこの店で働きたいと言って来た時
俺はなぜかお前が何かに
頼りたくて来たような気がした
それが「タンバム」とか俺が
頼れる所になれるんじゃないかと思ったんだ
同情じゃなくてお前を見ていると
俺自身が見えたからだ」と言った

それを聞いたグンスは
「うちの家族が兄さんにしたこと
本当にすいませんでした
絶対に罰を受ける日が来ます」と謝った
そう言うグンスを見てセロイは
グンスを抱きしめ、優しく背中を叩き
慰労した

その次の日、グンスはイソに
「他の店に行くより
ここで続けた方が店の為にいいんだろ
俺、ここを辞めようと思う
俺がチャンガに帰るっていう条件で
父さんにセロイ兄さんの店のこと
かまわないでほしいって
お願いしてみようと思う」と言った
それを聞いたイソは喜び
「そうしてくれるとありがたいな」と言ったので
グンスは「お前、ほんといやな奴だな」と言ったが
グンスも内心、それが一番いい方法だと
実感していた

それをセロイに言ったグンス
しかしセロイは
「辞める理由がお前のお父さんや
兄さんのことだったら
辞めるなよ
俺はお前が弟みたいで好きなんだけど」と言った
それを聞いていたイソが
「グンスがここを辞める条件で
お父さんに私たちがここで続けて営業できるように
お願いしてみるって
グンス一人が辞めたら
新しい店に移る必要もないし
全部、解決するでしょ」と言った

しかし、それを聞いたセロイは怒って
イソのネームプレートを取り
「お前はマネージャーの資格はない!」と言った
イソは「情 情
いつまでそんな情なんて奴で動くの!
もっと現実を見ないと!
バイト一人辞めさせれば
終わることじゃない
一体、何億の損を出したら
わかるのよ!
商売って利益を出さなきゃ・・・」と叫んだ
するとセロイは
「俺は!商売がそういうもん
だったらやらない!」と叫んだ
イソは「私は社長が損するのを見るのが嫌なの
全部、社長の為に」と言うと
セロイは「俺の為なのに
なぜ、俺の大切な人を
辞めさせることなんだよ!」と叫んだ
しかしイソは「社長の考えが
そうだったとしても
私はここのマネージャーです
何を言ったとしても

私たちはここを出て行かなければならないし
これからこういうことが起こらないとも
限らない
私は社長に人生を懸けたんです
責任取ってください
実質的な代案をだしてください」と言った
するとセロイは「建物自体を全部買う」と言った

それを見ていたスアはイソに言った
「セロイは変わらないよ
そして誰も変えることはできない
とっても強い覚悟があるから
だからあんたが本当に
セロイの味方になりたかったら
変えようとしないで
一緒に行く覚悟をしなくちゃいけない
理解してあげないと
私はそれができなかったから
今はセロイの反対の立場にいるんだから」と言った

次の日、イソはスアの言ったことを思い出し
バイトのトニーが韓国人である父を探しに
アフリカから来たことを知り
イソは自分がトニーの父親を探すのを
手伝うと言った
そしてセロイに
「私のマネージャーのネームプレート
返してください」と言った
セロイはイソの胸に
ネームプレートをつけてあげた
イソは「社長さんスタイル
この世で一番難しいですけど
理解するように努力してみます」と言い
それを聞いたセロイは
「ありがとう」と言い
イソの頭を優しく撫でた

その後、セロイは新しい建物を買い
新しく店を開くことにした

それを知ったデヒはイソを呼んだ

コメント

タイトルとURLをコピーしました