韓国ドラマ「ストーブリーグ」あらすじ&キャスト

韓国ドラマ
スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク

あらすじ

まず「ストーブリーグ」とは何でしょうか
プロ野球などスポーツがお好きな方なら
おわかりになると思いますが
「オフシーズンの時期にチームの戦力補強のために
選手の迎え入れと年俸交渉に
臨むことを指す」
とありました

その上で韓国の「ストーブリーグ」の
表現の始まりとして
「野球ファンがオフシーズンに
ストーブの周りに座り込んで座り、
選手たちの年俸交渉やトレードなどに関して
口論することから始まった言葉」ともありました

(口論というところが韓国って感じですね笑
うちのだんな様と姑さんも普通の話が
すぐに熱くなり口論っぽくなります
すぐにその熱は下がり普通に戻りますが笑)

このドラマの企画意図を読むと
大体の内容がわかるようです
1.このドラマは野球のドラマだ
   韓国では今、プロ野球の経済的効果2兆ウォン
   プロ野球の観衆800万人時代ということで
   プロ野球ファンの趣向を狙撃するストーリーである

2,そして野球のドラマのようなオフィスドラマだ
   しかし、主役は選手ではなく
   団長をはじめフロントたちの話だ
   プロスポーツの助演であるフロントを
   追いかけるこのドラマは彼らが影の存在ではなく
   冬のシーズンのもう一人の主人公であることを
   見せてくれる

3,オフィスドラマのような戦争ドラマだ
   このドラマに表現される敗北に
   慣れて腐りきっているチームを成長させる過程は
   決してお馴染みの美しい成長ドラマではない
   腐ったものをえぐり出すために
   悪辣で泥んこを転がるような
   醜悪で激しい戦いが繰り広げられるドラマである

4、戦争ドラマのような人間の成長ドラマだ
   プロスポーツは過酷だ
   最下位チームは
   彼らが最下位であることを全国民が知っている
   そのチームに所属という理由だけで
   そのチームを応援するという理由だけで
   肩が下がって口数が減る経験をすることがあるだろう
   そんな仕方なくどこかに存在しているビリたちに
   ひるまず生きていくことの
   大切さを表現しているドラマだ

というわけでこのドラマは
ファンにも見放された最下位チームに
新たに赴任した団長が
特別なオフシーズンを準備する熱い冬のストーリーです
そして主人公は選手ではなく
その弱小チームの選手を支える
フロントの方たちです

スポンサーリンク

キャスト

 ペク・スンス役/ナムグン・ミンさん
  ドリームズ新任団長
  
  過去、シルム団、ホッケーチーム
  ハンドボールチームの団長を務め
  彼の手を経たチームは常に
  換骨奪胎の過程を経て
  貴重な優勝を手にしてきた
  今回担当するのは万年下位圏から抜け出せない
  プロ野球チーム「ドリームズ」だった
  彼に初めて接する人は
  「情はいかないが、仕事のできる人」 だと感じる
  しかし本当は
  「本当に情がわかないが
  認めたくないが本当に仕事のできる人」だ

 イ・セヨン役/パク・ウンビンさん
   ドリームズ運営チーム長

   国内プロ野球団の中で唯一の
   女性運営チーム長であり
   同時に最年少運営チーム長だ
   ドリームズの新入社員になってからはや10年
   弱小チームの運営チーム長として
   何とか頑張って来た彼女は
   スンスによってチームが
   再建されていくのを目の辺りにし
   スンスを純粋に尊敬するようになる
   しかし、スンスがいつも正しいわけでは
   ないことも冷静な目で見れる彼女は
   スンスが乗り越えられない問題を
   解決していくことによって

   お互いを必要な存在だと感じて始めていく

クォン・ギョンミン役/オ・ジョンセさん
   ドリームズオーナーの甥
   親企業のジェソングループ常務

   球団の運営よりは他の事業に関心が高い伯父
   (ドリームズ球団主)に代わって
   実質的な球団オーナーの役割を果たしている
   数年間、すべてのチームの下にいながら
   変化しないドリームズが
   庶民として生きていく自分の父親のようで
   不快で気にいらない
   そこに来たスンスを見て
   自分の「操り人形」として使うことに決心する
   しかし、スンスの歩みが彼の予想と
   違う方向に向かっていることに気づき、当惑する
   最後までスンスと対峙しながら
   ドリームズの運命を左右する悪党

ハン・ジェヒ役/チョ・ビョンギュさん
   ドリームズ運営チームの職員

   伝統ある家具メーカーの会長の孫
   チームが強くなればいいなという思いが
   少しずつ出始めたのは
   試合が負けるたびに増えていく
   セヨンのため息としわのためだ
   その時、セヨンがあれだけ悩んだ戦力補強が
   ペク・スンス一人によって
   少しずつ成されるのを見ながら
   大きな衝撃を受けるようになる
   その上、こんなに少ない給料で
   こんなにたくさんの仕事をさせる
   ところがあるのも驚いた
   俺がここでなぜ働いているのだろうと
   考えてみるとずっとそばにいたい先輩のためだ
   (セヨンのことのようです)

 コ・ガンソン役/ソン・ジョンハクさん
   ドリームズの社長

   2019年秋、定年退職を迎え
   自分の代わりにドリームズの
   球団オーナーの役割を果たしている
   ギョンミンの存在がありがたい
   しかし、そこに現れたスンスによって
   ギョンミンの機嫌が悪くなっていくのを見て
   危機を感じ始めた

 コ・セヒョク役/イ・ジュンヒョクさん
   ドリームズスカウトチームチーム長
   
   監督が交代されれば、常に候補に上がる
   そして、団長が交代したとしても
   いつも人々の口に上る
   永久欠番になるかと本人もファンも
   期待したこともあるほどドリームズの
   長年のオールドスターとして
   特別な存在感を誇示している
   しかし本人はいつもスカウトチーム長という
   有望株を見つけることが自分の天職だと思っている

スポンサーリンク

予告映像

[스토브리그] 하이라이트 '남궁민 단장의 사이다 핵 돌직구!' 12/13(금) 첫 방송 / 'Hot Stove League' Highlight | SBS NOW
スポンサーリンク

OST

スポンサーリンク

まとめ

このドラマは韓国SBSで2019年12月13日より
金・土ドラマとして放送です


このドラマは「熱血司祭」「緑豆の花」
「医師ヨハン」「バガボンド」と
高い視聴率を出したドラマが続いている
SBS金土ドラマです
またこのドラマも取り扱っている内容も
韓国プロ野球のオフシーズンを
描くという新鮮な内容ですので
プロ野球ファンは興味深いと思います
またもちろん野球を知らない人でも
プロ野球を支える人間たちの
人間模様そして成長を描いた内容に
共感できる部分があると思います
楽しみですね

コメント

タイトルとURLをコピーしました