韓国ドラマ「愛の不時着」1話あらすじ

愛の不時着
スポンサーリンク

財閥の令嬢ユン・セリ(32歳)は
わざと芸能人とスキャンダルを起こさせ
自分の会社の製品を売り込むようにさせた

その夜、セリの父はセリの兄である
息子二人とセリを呼び
会社の後継者をセリにすると言った
それを聞いた兄たちはもちろん反対したが
父の意向を変える事もできなかった
セリはもちろんそれを受け入れた

次の日、セリは新しい後継者を発表する
マスコミ記者会見を前に
自分の会社の新商品の最終テストの為
自らパラグライダーに乗った
しかし、その時突然の突風にセリは
風に吹き飛ばされ行方不明となった

その頃、韓国と北朝鮮を隔てる非武装地帯では
北朝鮮の盗掘者たちが韓国の軍に見つかり
連れて行かれそうになっていた
そこに北朝鮮の大尉リ・ジョンヒョク
(32歳)(ヒョンビン)が
北朝鮮の方が刑罰が重いだろうと言い
お互いの同意の上
北朝鮮側に連れて行くことになった

その頃、突風に吹き飛ばされたセリは
どこかに不時着した
それがどこかはわからなかった

そんなセリをジョンヒョクが見つけ銃を向けた
セリは北朝鮮側の非武装地帯に
不時着したのだった
セリはジョンヒョクを見て韓国の軍人だと思ったが
軍服を見て北朝鮮の軍人だとわかり
ジョンヒョクが「降りろ」と言うので
木の上に吊り下がっていたが
言うことを聞かないと殺されると思い
そのまま降りた

そしてセリはジョンヒョクが
韓国に来たのかと思ったが
よく聞いてみると自分が北朝鮮側に
いたということを知り驚愕した

ジョンヒョクはセリに
調査を受けないといけないと言ったが
セリは逃げようとした
するとジョンヒョクが「待ちなさい
そこは地雷がたくさんある所です
私はその専門家です
私の助けなしにここから
出ることができますか」と言った
しかし、地雷を踏んでしまったのは
ジョンヒョクだった
ジョンヒョクはそこから動けなくなった

その間にセリは逃げた
その時セリは
「もう絶対に会わないだろうから言いますけど
あなた、完全に私のタイプです
統一されたら私達
違う形で会いたいですね」と言った
それを聞いたジョンヒョクは
「この状態で冗談が言えますか」と呆れて言った

その後、地雷の専門家だと
言ったジョンヒョクだったが自分が踏んでしまい
後輩によって何とか助かった

その後、セリはジョンヒョクの部隊に
追いかけられたが逃げまくった
しかし、どの方向に行けば韓国に戻れるのかわからないセリは
そのまま境界線を超え北朝鮮側に行ってしまった
その時、監視していた軍人は
韓国ドラマの大ファンだったので
それに夢中でセリを見逃してしまった

その頃、セリの家族は
セリが事故に遭ったことを知り驚いたが
兄たちは後継者問題のことがあったので
心の奥ではセリの死を望んでいた

その後、セリは歩いて歩いてある村に着いた
そこが韓国だと思ったセリは心から喜んだ
しかし、子供たちの服装、話し方などなど
見れば見るほどそこは韓国ではなく北朝鮮だった

そこで車に轢かれそうになったセリを
助けたのはジョンヒョクだった

5月27日、「愛の不時着OST」日本発売!


コメント

  1. […] 韓国ドラマ「愛の不時着」1話あらすじです あらすじの続きはこちらから http://kimmo77.com/3734/ […]

タイトルとURLをコピーしました