韓国ドラマ「チョコレート」1話あらすじ

チョコレート
スポンサーリンク

1992年 韓国ワンド(莞島)
(韓国、全羅南道にある島です)
イ・ガンは母スヒと二人で食堂を営んでいた

そんなある日ガンは
外に干しているサツマイモを
お腹を空かせた見知らぬ少女が
食べているのを見た
それを見たガンはその少女を
食堂に連れてきて
食事を御馳走した
少女が「私、お金ないんだけど」と言うと
ガンは「お金払えとは言ってないよ」と
笑って言った

それを聞いた少女は初めて食べる
島の食事を本当においしく食べた
あまりにもおいしくて泣いてしまう少女
それを見たガンは
「お腹が空いたらいつでももおいでよ」と言った

少女の名前はムン・チャヨン
チャヨンはソウルから
ワンドに家族旅行に来ていた
チャヨンの母は
チャニョンが満腹になるまで
食べたことを知り
「明後日オーディションなのに

何考えてるの!」と怒った
チャヨンはタレントオーディションを
受けるためダイエット中だったのだった

そしてチャヨンの母はすぐに
ソウルに帰ると言った
それを知らないガンは
チャヨンの為にチョコレートの
デザートを一生懸命作っていた

その頃、ガンの祖母でコソン財団理事長の
ハン・ヨンソルとガンの父の兄夫婦が一緒に来た

ヨンソルはガンに父の名前を聞き
学校の成績はいいのかと聞いた
そしてガンの母スヒに
ガンをコソン財団の後継者として
兄夫婦の息子イ・ジュンと競争させると伝えた

それを聞いたスヒは自分達は
ここで静かに暮らしたいと言ったが
ヨンソルはそれを許さなかった

その頃、ジュンとガンは喧嘩をしていた
ジュンがガンの大切な犬を
いじめたことが原因だった
そして二人は海に落ちてしまった

その後、病院に運ばれた二人だったが
意識のないガンよりも
意識のあるコソン財団理事長の
孫息子ジュンを優先的に治療する医師に
ガンを先に治療してほしいと言うスヒ
しかし兄嫁ユン・ヘミに妨害され
ガンの治療は後回しにされた
するとスヘは
「うちのガンもコソン家の子供です
ハン理事長の孫です!」と泣きながら叫んだ

次の年の春
チャヨンは一人でガンの食堂を訪ねた
しかし、そこにはもう誰もいなかった
その時、近所のおじさんがチャヨンに
去年、ガンが火傷までして
チョコレートのデザートを作って
チャヨンを待っていた事を話してくれた
チャニョンは
「もうタレントにならなくてよくなったから
いくらでも食べれるのに」と
切なく言った

そして2012年夏
その日は母スヒの忌日だった
医師となったガン(ユン・ゲサン)は
その時、ワンドからソウルに
引っ越した日を思い出した
絶対に行かないと言うガン
「僕の夢は料理人だ
お母さんが言ったじゃないか
美味しい料理を作って
人々を幸せにしてあげるって
それがお母さんの夢だって!
僕もそれが夢なんだ」と言ったが

スヒは「私のお母さんはお前のおばあさんの
家政婦として亡くなったけど
お母さんはこの家の嫁として
死にたい
それがお母さんの夢なの!」と嘘をついて
なんとかガンをソウルに連れて行ったのだった
ガンは亡くなった母の写真を見ながら
「可愛そうなお母さん
結局、夢も叶えられずに・・・」とつぶやいた

その頃、チャヨン(ハ・ジウォン)は
過去の事故のトラウマの為に
病院のベッドの下でうずくまっていた

そこに脳神経外科の医師となった
イ・ジュン(チャン・スンジョ)が来たが
カルテを見て
「私の診る患者ではないから
精神科にお願いしてください」と冷たく言った

チャヨンはジュンの冷たい対応に
看護婦に「この病院の方は皆
いい人ばかりです
一人抜かして」とジュンのことを皮肉り言った
すると看護婦が「イ・ジュン先生も
チャヨンさんと同じ事故で
遭ったそうです
だからチャヨンさんに
冷たくするのかもしれません
忘れたい出来事を思い出したくないために」と言った
それを聞いたチャヨンは驚き
ジュンを見つめた

家に帰ったチャヨンは冷蔵庫から
チョコレートを出した
チャヨンは幼い時に
デパートの崩壊事故に遭い壊れた建物内に
閉じ込められたことがあった
その時、横から「あなたは生きてね」と
言う女性の声と共に
チョコレートを渡された
それを食べ、チャヨンはなんとか
生き延びたのだった

チャヨンはそのチョコレートを見ながら
その亡くなった命の恩人の女性に
「ありがとうございます
一生懸命生きます」と言い
チョコを食べた

そして料理を作り始めた
その時、チャヨンは
命の恩人の女性に料理人だと言われた
ことを思い出した それを聞いたチャヨンは
「私も大きくなったら
お腹が空いて辛い思いをしている人たちに
暖かくておいしい食事を作ってあげられる
料理人になりたいと思ってます
ここから出れたら・・・」と言った
その時のことを思い出しながら
一生懸命、料理を作った

同じ頃、ガンは手術をしながら
母の忌日の日、親友のクォン・ミンソンから
「お前、料理人になりたいんだろ
今からでも間に合う 
お前が一番、幸せだった頃に帰れよ」と言われた
それに対しガンは
「お母さんが言ってたな
自分のものじゃないものを持ってしまった時には
元の主人に返さなきゃいけないって
この適応できない苦痛と傷と怒りは
もともと俺のものじゃなかった
だから返さなきゃ
そしてこの地獄から開放されたい」と言った

次の日、チャヨンは作った料理を持って
病院に向かった
その料理はジュンの為に準備したのだった
自分と同じ心の痛みを持ったジュンを
慰労したいと思ったからだった

しかし、ジュンには何も言わず置いてきたので
ジュンはそれを捨てようとした
毒が入っているかもしれないからと言うジュンに
チャヨンは「私が食べてみます
それでなんともなかったら
持ち帰っておいしく食べてください」と言った
そして食べたチャヨンだったが

突然、腹痛を訴えジュンの前で倒れてしまった

チャヨンは盲腸だった
盲腸の手術を終えた後
歩いているとベンチに食べ残しの
キムパプやトッポキを見つけた
あまりにもお腹が空いていたので
それをつまみ食いしてしまった

そこにガンが来て
「病院では食事出ませんか」と言ってきた
それはガンと友人のミンソンが
食べていたものだった
その時、チャヨンはガンのネームプレートを見て
「イ・ガン!!?」と叫んだ
ガンは「私を知ってるんですか?」と聞いたが
チャヨンが「誰だっけ?」と言った
しかしチャヨンはガンが行った後も
「絶対、 私が知ってる名前なんだよな~」と
必死で思い出そうとした

イ・ガン
チャヨンの初恋の人だった
ご馳走してくれたあの時から
ガンをずっと探していたチャヨン

そしてそれを思い出した
そのためその後
ずっとガンを隠れて見ていたチャヨンは
再びガンと出会い
恥ずかしさに逃げようとした所
点滴の針から出血してしまい
ガンに処置してもらうことになった
その時、ガンの腕に火傷の跡が
あるのを見たチャヨンは
あの時、チャヨンの為にガンが

チョコレートのデザートを作った時
やけどしたと近所のおじさんが
言っていたのを思い出し
ひょっとして目の前にいるのが
あの時のガンではないかと思った

その日の夜、ガンはいつものように
望まない家族との食事をした
祖母、伯父夫婦、伯母そしてジュン
その場で伯父でコソン病院院長の
イ・スンフンはガンがリビアに
派遣されることになったと言った
ジュンのためガンの承諾もなく
勝手に決めてしまうスンフンだった

そして2013年となった
チャヨンはシェフとして働いていた
ガンはリビアで危険な状況の中を
必死で医師としての仕事を果たしていた

そんなある日
ガンは地雷の被害に遭い
その場に倒れた
同じ時間、チャヨンはなぜか涙が出た
何がなんだかわからなかったが
不安な思いがよぎった

SEVENTEEN (세븐틴) – SWEETEST THING (Chocolate OST Part.1)
「チョコレート」OSTPart.1
SEVENTEEN (세븐틴) – SWEETEST THING

コメント

タイトルとURLをコピーしました